ヒト幹細胞とヒト幹細胞培養液って、どう違うの?

ヒト幹細胞は、私たち人間の身体を構成する約50-60兆個の細胞のうち、身体の各組織にごく少量だけ存在している細胞で、何度でも分裂することができ、なおかつ身体の細胞を入れ替えるたびに、新しい細胞を供給する元となる細胞です(詳しくは、『ヒト幹細胞って、普通の細胞と何が違うの??』をご覧ください)。

幹細胞を培養するときに幹細胞自体を浸している液体

それに対して、ヒト幹細胞培養液とは、幹細胞を培養するときに幹細胞自体を浸している液体のことで、この培養液の中には、幹細胞から分泌されたサイトカインや成長因子などのタンパク質が豊富に含まれています。
これらの成分の中には、皮膚の再生を促す因子、血管を増殖させる因子、神経を修復する神経再生因子、免疫を調整する免疫調整因子、骨形成を進める因子などが含まれていることが研究によって明らかになってきました。