BABY PEPTIDE CREAM

ベビーペプチドクリーム

BABY PEPTIDE CREAM


ベビーペプチドクリーム
BABY PEPTIDE クリーム(30g)
¥19,800 (税込)

SKIN MINIMALISMの心強いサポートアイテム。
BABY PEPTIDEエッセンスの使い始めの「乾燥しないかな?」という不安解消や、乾燥の激しい時期の保湿力向上を目的に、スキンミニマリズムをサポートするアイテム。幹細胞培養液をできるだけ長くお肌に留め、美容成分を届けることで、一日中お肌を守りケアします。また、保湿力を上げてくれるクリームながらも、べタつかず、すっと肌になじんでいくテクスチャーで、メイクとの相性もばっちりです。

・概要:スキンミニマリズムのサポート・アイテム。
ヒト幹細胞培養液配合の保湿クリーム
・容量:30g/個

・決済方法:代金引換、クレジットカード(VISA、Master、Amex、Diners、JCB)
・配送:ご注文受付後、1営業日後に発送
・送料:ヤマト宅急便で発送(送料は一律700円)*会員登録で送料200円引き
*土日は出荷業務を行っておりません。また、年末年始の営業日は別途インフォメーションをご確認ください。天候不順・配送業者の都合・その他何らかの理由により遅延する場合はメール等でお知らせいたします。

< SKIN MINIMALISM >
をサポートする


これまでの重ね塗りスキンケアを止めて、BABY PEPTIDEエッセンス1本のみで、ミニマルなスキンケアを始めたい。でも、本当にこれだけで乾燥しない?と不安も付きまとうもの。そんな使い始めの不安を解消すること、また、乾燥の激しい時期の保湿力を高めることを目的に、スキンミニマリズム・サポートアイテムとして、ヒト幹細胞培養液配合の「BABY PEPTIDEクリーム」が登場しました。より安心して、< SKIN MINIMALISM >をはじめてみませんか?

> OUR PHILOSOPHY

利用方法


STEP 1

BABY PEPTIDE CREAM の
蓋のスパチュラを外し、
適用量をすくう。

STEP 2

BABY PEPTIDE エッセンスで
整えたお肌に、クリームを
適量優しく伸ばす。

STEP 3

目元、口元など、
特に乾燥が気になる
場所をケアする。

お手入れ方法:BABY PEPTIDE エッセンスと併せて、常用を推奨するものではなく、あくまで、乾燥への不安や物足りなさ、乾燥の激しい時期の保湿力を補うためのクリームです。特に、クリームが無くても保湿に問題がないと感じる場合には、ぜひ、「クリームを塗る」習慣を手放してみることをお勧めしています。

利用者の声


– ちょっと辛口な欲張り美容家兼サロン経営者 –
プロフィール:
30代後半 女性
感想:エッセンスだけでも充分保湿し続けますが、こちらのクリームを重ねると更にハリとツヤがでて、一日中お肌が安定する感じがします。つけたてはもちろん、時間が経ってもベタつかず皮脂が出たりテカリもなくて、完成度の高さに驚くばかりのクリームです。シンプルなのに、”本物の保湿力!”を実感させていただいています。

– 百貨店コスメブランド愛好家のフリーランサー –
プロフィール:
50代前半 女性
感想:エッセンスだけだと、どうしても目の周りや頬の高いところの乾燥が心配で、気になる時だけ使っています。あとは、スポット的なシミに重ね塗り。密度の高いうるおい感のあるテクスチャーを肌にのせることで安心するのでエッセンスのサポート的に活用しています。これがあれば冬もスキンミニマリズムを実践できそうです。

– 日本や韓国の美容情報を収集するアパレル経営者 –
プロフィール:
40代前半 女性 
感想:最初使っていたエッセンスに加え、クリームを追加したところ、次の日からツヤがよくなり、小皺が目立たなくなった気がする。エッセンス単独の時より肌を褒められる機会がさらに増え、メイクのノリや発色まで良くなり驚かれる。目元まで使っても刺激がなく、今まで多種類のクリームを使っていたのでお手入れの時間が短縮された。軽さのあるパッケージも好きで、出張などにも持っていけるから助かる。何か一つ美容アイテムを持って無人島に行かされるなら、このクリームを持っていく。

– 美容オタクな会社員 –
プロフィール:
30代前半 女性
感想:伸びも良く、こちらのクリームをつけるとお肌がもっちりします。エイジングケア効果があるものも入っているので、嬉しいです。夜寝る前につけると、翌朝お肌がもっちりしているのでおすすめです。

– 幹細胞コスメ博士ときどき会社経営者 –
プロフィール:
40代前半 男性
感想:スキンケアの仕上げに、クリームで蓋をするという感覚は嫌いではないのですが、テッカテカになるものが多く、なかなか自分に合ったアイテムを見つけることができませんでした。私は特にメイクをしないので、クリームが最後に肌に塗るものになります。クリームでべたついていると明らかに「何か塗ってます感」があって、ちょっと恥ずかしい気持ちになります。ところが、このクリームは一見濃密なのですが、肌に乗せた後の伸びがすごくスムーズで、スッとなじんでいくのでテカリがまったく気になりません。
BABY PEPTIDEシリーズではエッセンスが基本で、クリームは乾燥がどうしても気になる時だけでよいとのことですので、私もスポット的に使っています。
仕事が忙しくて十分な睡眠が得られなかった時は、翌日はどんよりした表情になっている気がして、なんとかごまかしたい!と思ってしまいます。そんな時にこのクリームを使うと、肌のハリ・ツヤがパシッとアップして、肌のトーンも整う感じがします。寝不足気味の時に頼れる、まさに守護神的クリームです。

– アトピー疾患に長年悩む会社員 –
プロフィール:
20代後半 男性
感想:特にかさついているところに使用しました。病院で処方してもらっている保湿剤よりも良かったです。全身に塗りたいと思うぐらいでしたが、流石にもったいないので我慢しました。使用する前は寝ている間に乾燥してかゆくなることがあったのですが、使用してからはしっとり感が持続するので夜中にかゆくなることもなく、朝起きても肌の滑らかさの違いに驚きました。

Q&A


Q)敏感肌でも使えますか?
A)
お肌に負担のかかる成分は配合せず、お肌に優しいスキンケア商品つくりを目指しておりますが、すべての方に刺激がないという訳ではございません。もし異常を感じましたら、ご使用を中止し、医師にご相談ください。

Q)未開封ではどのくらい持ちますか?
A)
商品の製造後3年間です。開封後はお早めに使い切ってください。

Q)ヒト神経幹細胞培養液の配合量はどのくらいですか?
A)
2%です。

Q)どのタイミングで使えばよいでしょうか?
A)
BABY PEPTIDEエッセンスで肌を潤わせた後に、乾燥が気になる箇所や、皮膚のうすい箇所などを中心にお使いいただくのがお勧めです。

Q)このクリームはBABY PEPTIDEシリーズとして必ずセットで使わないといけないのでしょうか?
A)
クリームは特に乾燥が気になる方向けの保湿力アップのアイテムとしてお作りしていますので、BABY PEPTIDEエッセンス→クリームを必ず塗布する必要はなく、クリームは必要だとお感じになるときだけの使用ください。

『ヒト幹細胞とは』


「ヒト幹細胞」とは、人の身体のなかで、生命維持に重要な役割を担っている特殊な細胞のことです。私たち人間が、今こうして、身体を保持して生命活動を続けることができるのは、体内で幹細胞が活動している証拠であり、言い換えると、幹細胞は人間の体を自ら治療する治療薬というわけです。これだけパワーのある「幹細胞」は分裂増殖しながら、成長因子、サイトカイン(低分子のタンパク質)、コラーゲンやヒアルロン酸といった組織を構成するタンパク質など美肌成分を分泌しているのです。ヒト幹細胞を用いた皮膚治療において、「皮膚の再生」「しわの改善」「皮膚の弾力改善」「シミの改善」といった効果が発表されています。

DLJステムセル博士が答える
「教えて!ヒト幹細胞」


ヒト幹細胞って、普通の細胞と何が違うの??

いわゆる普通の細胞と言われるものは、肌の表面のように一定の役割を与えられている細胞のことで、「体細胞」とよばれます。これらの体細胞は役目を終えると死んでいき、また新しく補充された体細胞に入れ替わっていきます。この時、この新しい細胞はどこから供給されるのかというと、その供給元となるのが幹細胞なのです。

続きを読む >

「幹細胞コスメ」にはヒト幹細胞が入っているの?

結論からお話ししますと、「幹細胞コスメ」にはヒト幹細胞は入っていません。混同されがちなのですが、コスメに配合するのは、「幹細胞自体」ではなく、「幹細胞から分泌された成分」になります。
そもそも「幹細胞自体」が入っていたら、それはもはや化粧品と呼べるジャンルにはならなくなってしまいますし、安全性の問題も生じます。
また、幹細胞は非常にデリケートな細胞であるため、培養するだけでも最新の注意が必要です。

続きを読む >

ヒト幹細胞とヒト幹細胞培養液って、どう違うの?

ヒト幹細胞は、私たち人間の身体を構成する約50-60兆個の細胞のうち、身体の各組織にごく少量だけ存在している細胞で、何度でも分裂することができ、なおかつ身体の細胞を入れ替えるたびに、新しい細胞を供給する元となる細胞です。

続きを読む >

ヒト幹細胞培養液は、なぜ美肌に良いの?

ヒト幹細胞培養液には、さまざまなサイトカインや成長因子が豊富に含まれています。このヒト幹細胞培養液を、シャーレの中で培養した繊維芽細胞に与える実験を通じて、美肌に関わるたくさんの知見が得られてきました。

続きを読む >

ヒト幹細胞培養液のウソほんと

Q.ヒト幹細胞培養液は規制が設けられており、どの会社が製造しても同じものができる?

ヒト幹細胞培養液には、その中にサイトカインや成長因子などのタンパク質成分がどのくらいあればよいかという基準はありません。また、どのくらいの濃度を配合すればよいのか、という基準も、製造メーカーに委ねられているのが現状です。

続きを読む >


ベビーペプチド クリーム
BABY PEPTIDE クリーム
¥19,800 (税込)

SKIN MINIMALISMの心強いサポートアイテム。
BABY PEPTIDEエッセンスの使い始めの「乾燥しないかな?」という不安解消や、乾燥の激しい時期の保湿力向上を目的に、スキンミニマリズムをサポートするアイテム。幹細胞培養液をできるだけ長くお肌に留め、美容成分を届けることで、一日中お肌を守りケアします。また、保湿力を上げてくれるクリームながらも、べタつかず、すっと肌になじんでいくテクスチャーで、メイクとの相性もばっちりです。




全成分
水、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ジステアルジモニウムヘクトライト、オクチルドデカノール、BG、ヒト神経細胞順化培養液、ペンチレングリコール、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ツボクサ葉エキス、キノア種子エキス、テリハボク種子油、マンダリンオレンジ果実エキス、ビターオレンジ果実エキス、オレンジ果皮エキス、オリゴペプチド-34、ムコ多糖、セラミドNP、フィトステロールズ、没食子酸無水ソルビトール、オクチルドデシルキシロシド、イソヘキサデカン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、カプリル酸グリセリル、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、水添ホスファチジルコリン、キハダ樹皮エキス、トコフェロール、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30、ポリソルベート80、ペンテト酸5Na、オレイン酸ソルビタン、アスコルビン酸、乳酸、クエン酸

*「BABY PEPTIDE®︎」「SKIN MINIMALISM®」はDoctor’s Lab Japanの登録商標です。